足に合った靴を選ぶ重要性

  • by

こんばんは。

美と健康は足元から🦶

足管理士の安田智香子です🍀

昨日のブログで、

子供ちゃんの靴選びについてのお話しでした。

大きな靴は、靴を持ち上げて歩きます。

そのため、足首を使わずに歩くので、

アキレス腱が硬くなってしまい、

ふくらはぎの筋肉も使わずに歩きます。

また、

浮指にもなってしまいます💦

足首を使わずに歩くという事は、

ふくらはぎのポンピング機能を使わないので、

老廃物が下に溜まったままになり、

足が重くなります。

アキレス腱も縮むので、腰の筋力も低下して、

猫背の姿勢になりますね🐈

浮指の状態は、

肺の反射区に圧がかかりすぎて、

呼吸が浅くなりますので、

酸欠になりやすく、

頭痛や物忘れの原因になります。

視力や聴力も低下してきてしまいますね。

そして、

大きいサイズの靴を履くと、

着地した時に、圧が外側に逃げてしまうので、

足首の変形から

膝や腰に負担がくるのです。

大人も同じで、

靴のサイズや形があっていないと、

上記のような症状につながってしまいます😫

ですので、

足のサイズに合った靴を選んであげる必要があるのですね😊

子供達は、成長するので、

サイズの合った靴をその都度変えてあげる

そして、

大人たちは、サイズは大きく変わる事はないので、

自分に合った靴をしっかり合わせて履きましょう!

きっと、

人生が変わるはずです😊