本物を見る目

  • by

こんばんは。

美と健康は足元から。

足管理士の安田智香子です

ほんま、よー降ります…☔️

大阪の雨は、今日は夕方に晴れたので、もう雨の毎日が終わるのか?

と思いきや、夜からまた雨

もういいな

予報では、明日まで??洗濯物スッキリしませんね…

雨の中でも意地になって歩いてます

大阪で過ごす時は、できるだけ歩くと決めているので。まぁ、頑固ですー笑

今日は足のお話ではなく、カオラボPlus+の番外編です

浴衣

みんなに褒めて頂いて、本当に嬉しかったです☺️

いろいろ借り物で揃えまして…

帯は伯母。かんざしはなおさんの借り物でした

下駄の話…

絶対痛くなるやろうし、ここは、ベネシュのサンダルで行ってやろうかとも思っていましたが、

それは〜あかんやろと、みんなに止められたので、買いに行くことに。

家の近くのスーパーの着物屋さんに行くと、『痛いし、サンダルでいいですよ。若い子は、クロックスとかでも行かはるしなぁ』と。←売ってくれず。なんとお優しい❤️

次に、少し離れたイオンモールの着物屋さんに見に行くと、まぁまぁお高いやん

1回しか履かへんのになぁ…と思っていると、着物屋さんが『イオンの方にもお手頃のありますよ』と。←高いなぁと思てるんバレた

イオンの方へ行ってみると、下駄はありましたが、全然入らへんし、めっちゃ痛いやん

こりゃ、絶対無理

でも、なんとなく諦めきれず…隣の市にある近くの小さなイオンへ。

あ、ここにも着物屋さんあったような???

私『すみません、下駄ありますか?』

おじさん『あんで(あるでという意味)』と奥へ行ったと思うと、

『奥さん、奥さん、こっちこっち。ほら』と、バンバン靴箱を投げながら見せるので、

奥さんちゃうしほんで、投げんでもいいやんと思いながら、見ると

3,300円❗❗ あら安い←釘付け 笑

私『1回しか履かへんしなぁ…』

おじさん『そんなん言わんと履いてーな』

私『そんなん言うても履けへんし』

おじさん『こんなんもあんで』 見たら2,200円やん安いやん

私『なんでこんな安いん?』

おじさん『まぁ、去年の売れ残りや。ほんでもな、今年のより、なんかいいねん』

私『そうなんや。もうちょっと安かったらなぁ…1回しか履けへんし。(まだ言う)この浴衣着るねんけど、いけます?』と、浴衣の写真見せる

おじさん『これ、いいやつやん。手縫いやろ?こんなん、今やったら売れへんで。今は全部ミシン縫いやしな、あそこな4800円の浴衣を3割引にしても高いいいよるし。一時は、夏に600枚も売ったんやで。この去年の、1500円でいいわー』

えー買う❗❗

奥さん言われたのも、箱投げられたのも、なんやねんと思ってたけど、

浴衣褒められて、気分良くなるし、

なんせ、めっちゃ安なった

ということで、お買い上げ❤️

それに、なぜか痛くなく履けた下駄でした。

イオンで値切るの私くらいちゃうやろか

私は、いつも面白いことに出会うことが多いのです。

大阪の人は面白い

とは限りません。

面白い事に出くわします 笑←探すの好きなんです

色々ネタあります

お安く買えたことはとても嬉しかったけど、

この店員のおじさんとのやりとりで、思ったことは、

本物を見る目というのは、大切なんだなぁと思いました。

携帯に撮った写真は、柄を撮っただけで、全体の着物を撮ったものではないのです。

それなのに、一瞬で手縫いの浴衣だと分かったのです。

本物を見る目

この道でずっと仕事をされていたのが解りますね。

伯父も呉服屋をしているので、浴衣の写真を見て、いい浴衣だと言ってくれました。

私には、まだまだ見る目はないです。

でも、この道を続けていくと、見る目は養っていけるのかも。

コツコツ頑張ろうと思います。